2006(平成18年)
  ■ 1.23 公安審査委員会が第2回目の観察処分の更新決定
  ・ 2.20 (第53号) オウム真理教に対する「観察処分」3年再更新!!
  ・ 3.20 (第54号) 青少年のみなさんへ…カルト集団から身を守るために
  ■ 3月 東京高裁、松本死刑囚の控訴棄却
  ■ 4. 1 「犯罪被害者等給付金の支給等に関する法律施行令及び同施行規則」改正

  ・ 4.17 (第55号) 地下鉄サリン事件から11年を経過して
  ・ 5.22 (第56号) <告知>講演「オウム真理教との闘争の原点、上九一色村の闘い」
  ■ 6. 8 オウム真理教犯罪被害者支援機構設立
  ・ 6.12 (第57号) オウム真理教分裂報道の真相」
  ・ 7.17 (第58号) 講演「オウム真理教との闘争の原点、上九一色村の闘い」報告
  ■ 9.15 最高裁、松本死刑囚の特別抗告棄却、死刑確定
  ・ 9.18 (第59号) 「オウム真理教の悪行を思い起こす」Vol.1…血のサティアンで
  ■10月 オウム破産手続きによる第3回目の配当実施
  ・11. 6 (第60号) <告知>第13回学習会『取材から見たオウム真理教』講師:中井大助氏
  ・10.18 (第61号) 第13回抗議デモ・学習会報告 

2007(平成19年)
  ・ 2.19 (第62号) 活動7年目を迎えて/オウム撤退を勝ち取ったマンション管理組合取材記
  ■ 3. 8 アーレフ派と上祐派とが分裂
  ・ 3.19 (第63号) 日本犯罪史上最悪のテロ、地下鉄サリン事件/教団が分裂、上祐は新団体設立へ
  ・ 4.10 (第64号) <告知>リサイクルバザー・第14回抗議デモ・学習会/世田谷区内大学新入生にカルト対策
  ・ 5. 8 (第65号) <告知>第14回学習会『"脱麻原"と言う上祐の設立する新団体とは』講師:釣田正紘氏
  ■ 5. 7 上祐派が新団体「ひかりの輪」設立
  ・ 6.18 (第66号) 第14回抗議デモ・学習会報告/岐阜県美濃加茂市よりオウム信者撤退!
  ・ 7.16 (第67号) 冷酷非情な「坂本弁護士一家殺人事件」三つの墓標
  ■ 7.20 最高裁が横山真人(地下鉄丸ノ内線でサリン散布の実行犯)の上告を棄却(死刑確定)
  ・ 9.17 (第68号) <告知>第15回抗議デモ・学習会/台東区のオウム施設取材記
  ・10. 8 (第69号) <告知>第15回学習会『分裂したオウムと今後の私たちの闘い』講師:滝本太郎弁護士
  ■10.26 最高裁が端本悟(坂本弁護士一家殺害事件、松本サリン事件)の上告を棄却(死刑確定)
  ・11.19 (第70号) 第15回抗議デモ・学習会報告/オウム真理教への破産手続き終結へ
  ・12.17 (第71号) オウム被害に国が負担/荒川区オウム新r今日施設への取材


2008(平成20年)
  ■ 2.15 最高裁が林泰男(地下鉄日比谷線でサリン散布の実行犯)の上告を棄却(死刑確定)
  ・ 2.18 (第72号) オウム真理教の現状/「観察処分」期間更新の活動を大規模に
  ・ 3.17 (第73号) <告知>リサイクルバザー/「観察処分」って“なに”
  ・ 4.15 (第74号) <告知>第16回抗議デモ・学習会/私たちの監視活動
  ・ 5.12 (第75号) <告知>第16回学習会『「オウム真理教」と戦後日本』/リサイクルバザー報告
  ■ 5.20 アーレフが「Aleph」(アレフ)と改称
  ■ 6月 オウム破産手続による第4回目の配当実施「オウム真理教犯罪被害者救済法」が成立
  ・ 6.16 (第76号) 第16回抗議デモ・学習会報告/オウム事件被害者 救済法の問題点
  ■ 6.18 オウム真理教犯罪被害者等を救済するための給付金の支給に関する法律成立(法律第104号)
  ・ 7.21 (第77号) 「団体規制法」存続と「観察処分」期間更新の署名/野田氏オウム施設取材記
  ・ 9.15 (第78号) <告知>第17回抗議デモ・学習会/「オウム真理教家族の会」の永岡弘行会長に聞く
  ・10.20 (第79号) <告知>第17回学習会『サリン被害者の闘いは終わらない』講師:中村裕二氏、高橋シズヱ氏
  ・11.24 (第80号) 第17回抗議デモ・学習会報告/オウム真理教(ひかりの輪・アレフ)と対決する烏山の住民協議会
  ■11.26 オウム真理教の破産手続終結
  ■12. 1 刑事訴訟法の改正により被害者参加制度の実施
  ・12.22 (第81号) オウム真理教犯罪被害者を救済するための給付金支給に関する法律「救済法」Q&A


2009(平成21年)
  ■ 1.23 公安審査委員会が第3回目の観察処分の更新決定
  ・ 2.10 (第82号) 新たな局面を迎えた2009年住民協議会の活動/「観察処分」3年間の期間更新が決定
  ・ 3. 9 (第83号) <告知>リサイクルバザー/(寄稿)「元気になった?」…そんなものじゃない!
  ・ 4. 6 (第84号) <告知>リサイクルバザー・第18回抗議デモ・学習会/麻原死刑囚の再審請求を認めず
  ・ 5.11 (第85号) <告知>第18回学習会『オウム真理教問題を風化させない!!」講師:杉田和博氏
  ■ 5.21 裁判員制度施行
  ・ 6. 8 (第86号) 第18回抗議デモ・学習会報告/埼玉県吉川市オウム真理教施設へ取材
  ・ 7.13 (第87号) 「団体規制法の存続・強化を求める署名」へのお願い!/オウム所有「隠し財産」見つかる
  ■ 7.17 最高裁が早川紀代秀(坂本弁護士一家殺害事件に関与)の上告を棄却(死刑確定)
  ・ 9.14 (第88号) 15年の節目で松本サリン事件を思い返す
  ・10.13 (第89号) <告知>第19回抗議デモ・学習会/坂本弁護士一家殺害事件がつなぐ人の愛
  ■11. 6 最高裁が広瀬健一(地下鉄丸ノ内線でサリン散布の実行犯)の上告を棄却(死刑確定)
    〃  最高裁が豊田亨(地下鉄日比谷線でサリン散布の実行犯)の上告を棄却(死刑確定)

  ・11.10 (第90号) <告知>第19回学習会『カルトにはまる大学生…その背景と対策…』講師:川島堅二氏
  ■12.10 最高裁が井上嘉浩(地下鉄サリン事件の総合的調整役)の上告を棄却(死刑確定)
  ・12.15 (第91号) 第19回抗議デモ・学習会報告/「団体規制法」存続の要請行動


2010(平成22年)
  ■ 1.19 最高裁が新實智光(実行犯林郁夫を送迎した運転手役)の上告を棄却(死刑確定)
  ・ 2. 9 (第92号) 今年で10年目を迎えるオウム真理教との戦い/オウム真理教の組織の現状
  ・ 3. 8 (第93号) <告知>リサイクルバザー/国はオウム真理教から賠償金を取り立てる事はできるか?
  ■ 3月 Alephの関連団体の宝樹社が足立区入谷9丁目に不動産を取得
  ・ 4.13 (第94号) <告知>第20回抗議デモ・学習会/「地下鉄サリン事件から15年のつどい」に参加して
  ・ 5.10 (第95号) <告知>第20回学習会『オウム真理教犯罪被害者救済法の現状とこれから』講師:中村裕二氏、高橋シズヱ氏
  ・ 6.14 (第96号) 第20回抗議デモ・学習会報告/抗議デモ・学習会に多くの若い女性が参加!!
  ・ 7.13 (第97号) 平成22年度 烏山地域オウム真理教対策住民協議会 総会開催
  ・ 9.14 (第98号) オウム真理教との闘い「幅広い活動」/<告知>第21回抗議デモ・学習会
  ・10.11 (第99号) <告知>第21回学習会『危機管理に見るオウム真理教問題』講師:佐々淳行氏
  ・11.16 (第100号) 協議会ニュース100号!! 住民協議会への各界からのメッセージ/数字で見る10年間
  ・12.14 (第101号) 第21回抗議デモ・学習会報告/オウム真理教施設 全国一斉立入検査