オウム教団が起こした悪質な事件の中で、
最も多数の死者が出た「地下鉄サリン事件」
 
 
地下鉄日比谷線車内にてサリンが撒かれ、
大混乱となった八丁堀駅出口付近
 
 
消防レスキュー隊などが駆けつける
座席の前に破られなかったサリンの入った袋が置いてある
 
 
事件後の調査にあたった鑑識の調査団
平和な上九一色村に建設され、周辺住民に多大な迷惑をかけたオウム教団のサティアンと呼ばれる施設
 
 
平和で風光明媚な上九一色村を、事件の場に変えたオウム教団のサティアン
風光明媚な富士山の裾野、上九一色村に目をつけたオウム教団